FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

海外交流協定校と大震災…オーストラリア・クィーンズランド大学の場合(1)

夕方の震災対策室からおばんです、オレンジ・やきのりです。

昨日から福島大学は大学祭期間に突入です。昨日から明日までがスポーツフェスティバル、明後日からの二日間が福大祭です。福大祭では、ピたゼミやひろやすゼミも模擬店を出店するみたいですので、お時間のある方は是非福大にお立ち寄りください♪

さて、今日は、「海外交流協定校と大震災」というテーマで、国際交流連携教員の村上さんに記事を執筆していただきました。福島大学の海外交流協定校の一つであるオーストラリアのクイーンズランド大学との「結」について、二回にわたって紹介していただきます。

それでは、村上さん、よろしくお願いしまーす♪


*******

この度の大震災に際し、海外からも多くの支援がなされていることは、広く報道され知られていることだと思います。ところで、福島大学(以下福大と略記)が学術・学生交流協定を結んでいるオーストラリア連邦クィーンズランド州の州都ブリスベンにあるクィーンズランド大学(The University of Queensland、以下UQと略記)で、震災直後の3月25日、「Anime for Aid」と称して、福島大学のためにチャリティーアニメ上映会を開催してくれたことをご存知の方はどれぐらいいるのでしょうか?

新しい画像 (12)
[チャリティーアニメ上映会ポスター]


このチャリティー開催までの経緯を理解するためには、今年2月までの福大とUQ間のつながりを知る必要があります。福大とUQは、行政社会学部(現在の行政政策学類)がホスト学部となり、2001年から交換留学制度を始めました。2004年からはUQキャンパス内の語学学校における3週間の短期英語研修も始まりました。これまで交換留学生は福大から7名、UQからは8名派遣され、英語研修参加者は100名を超えています。

2011年1月、ブリスベンを含む広大な地域で大洪水が発生しました。そして河川敷に面しているUQキャンパスも大きな被害を受けました。

新しい画像 (13)
[洪水時のクィーンズランド大学]


その直後、UQで英語研修に参加したことのある学生を含む、福大の学生団体「colors」と「YouQuest」(略すと「UQ」になります)が中心となり、学生課や福島大学生協の協力も得て、募金活動が始まりました。学生たちは真冬の福島市で、しかも期末試験直前という状況の中、学内外の募金活動を行い、1週間ほどで3000豪ドル(約24万円)近い募金を集めることに成功したのです。

新しい画像 (14)
[福島駅前にて]

新しい画像 (15)
[福島大学生協前にて]


そして学生たちの献身的な募金活動は、地元の新聞やUQホームページの学内報でも取り上げられ、大きな話題となりました。

新しい画像 (16)
[『福島民友』2011年1月23日付記事]

新しい画像 (17)
[クィーンズランド大学学内報(Web版)]


同年2月、私が担当する海外フィールドワーク実習で、行政政策学類の学生10名がブリスベンを訪れることがすでに決まっていました。その機会をとらえ、UQ側が贈呈式を開いてくれました。

新しい画像 (18)
[贈呈式招待状]

新しい画像 (19)
[クィーンズランド大学にて]

新しい画像 (20)
[クィーンズランド大学にて]


その海外実習から帰国してわずか2週間後、今回の大震災が起きたのです(続く)。
スポンサーサイト