FC2ブログ

ガンバロウ福大!行政の「結」

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に端を発する東日本大震災をきっかけに、福島大学行政政策学類の教員有志でブログを開始しました。福大行政に関わる情報共有・情報発信の場として、このブログが、読者のみなさんとわたしたちの、また、みなさん同士の結節点になれば嬉しいなと考えています。一緒に手を携えて、この難局を乗り切っていきましょう。     (2012年3月26日記)

熊本大学に行ってきました!

 こんにちは。ぴたです。

 先日、おやと一緒に、熊本大学に行ってきました。
 熊本県や大分県での大きな地震を目のあたりにして、この遠く離れた福島で自分にはなにができるのか、多くの人が悩んでいました。とくに、東日本大震災と原発事故によって、さまざまな形で傷つき、また、全国から多くの支援をいただいたふくしまに住む一人として、自分たちも何かしないといけないのではないか、と思っていました。

 とはいっても、なかなかどうしたらいいのか分かりません。

 ちょっとした何気ない言葉や態度に傷ついたりした経験を持っていたこともあり、声をかけることにも、また、訪ねていくことにも、臆病になっていたような気がします。

 そんななか、とても安易な方法かもしれませんが、いつかはもっと違ったかかわりができるから、と自分を納得させながら、義援金を集めて送ろう、という気になりました。
 熊本大学は、大学時代の友人が教員をしていることもあり、交流がありました。また、おやも、大学時代の先輩が熊本大学にいて、いろんな形で世話になっていました。そこで、二人で話し合い、行政政策学類内で有志の義援金集めを行って、熊本大学の法学部・ロースクールのみなさんに届けようということになりました。

 熊本大学の研究室でも、本棚が傾き危険な状態が放置されていると聞きます。
 熊本大学の学生さんたちも、各地で募金集めをしたり、避難所でのボランティアなど、活躍しているようです。
 そして、避難生活をされ、また自宅が何らかの被害に会われた方もいるようです。

 ぴたとおやの申し出に、行政政策学類の多くの人たちに賛同していただき、261,000円が集まりました。ありがとうございます。
 6月1日には、それをお届けしてきました。

 熊本大学では、法学部長の深町公信先生、法務研究科長の松原弘信先生、そして、魚住弘久先生(社会文化科学研究科)、また原島良成先生(法務研究科)、三谷仁美先生(法学部)にもご同席いただきました。皆さんからとても感謝していただきました。建物内で何人かの方々にお会いしましたが、その際にも、個々に感謝の言葉をいただきました。お届けした身としては、なによりでした。

熊本大学義援金お渡し


 ぴたは、南阿蘇村や益城町を車で走り、南阿蘇村の温泉施設で一泊してきました。
 建物の崩壊がひどい地域も目の当たりにして、言葉もありませんでした。
 特に、同じ集落でも、建物が壊れているところと、ほとんど無傷のように見える建物が併存しているところがあることに大きなショックを受けました。また、自宅が崩落していても世の中は刻々と動いており、壊れた自宅を前に、まずは片づけるところから始めなければいけない人々のまわりで、多くの車が走り、世の中は先に進んでいます。「何から始めたらよいのか…」と感じる人と、世の中は止まってはくれない、というギャップのなかで、多くの人が心の「焦り」に苦しんでいるのではないか、と思いました。

 また、外輪山の内側に暮らす人たちは、現在、阿蘇大橋の崩落などもあって、外輪山の外側に出るのに大変な時間がかかります。渋滞に加え、時には霧がかかって、熊本市内に出るのも一苦労のようでした。

 やはり、遠く離れたところからはわからないことがたくさんあるんですね。

 「義援金を集めて届けること」、以外の熊本とのかかわり方、今後も考えていきたいと思っています。
スポンサーサイト



災害時に「消費者」として…

昼の震災対策室からこんにちは、清水@ブログ庶務担当です。

行政政策学類では、今年度も、新任教員をお二人お迎えしました。
民法担当の中里真先生と、憲法担当の阪本尚文先生です。
(お二人の詳しい経歴については、行政政策学類ホームページをご覧ください)

そして、民法担当の中里さんが、自己紹介がてら記事を寄稿してくださいましたので、本日は、その記事を掲載したいと思います。
後述の通り、中里さんは、民法の中でも「消費者法」分野を研究の柱に据えていらっしゃり、そのことに引きつけた記事となっています。学生のみなさんにとって、「消費者法」という分野を知る良い機会になればと思います。

ではでは、中里さん、よろしくお願いします!


*******

みなさまはじめまして。この4月から行政政策学類に赴任した新任教員の中里(民法)です。

私は、平成14(2002)年4月から宮城で、さまざまな縁に恵まれながら学生生活を過ごし、平成21(2009)年4月からの秋田での教員生活を経て福島へ赴任しました。(宮城・秋田・福島と米どころ(=酒どころ)ばかりを巡っている気もします(^^;))
すでに、人生の1/3は東北地方暮らしという状態になっている関東人です。

私は、民法の中でも契約法を特に研究テーマに据えていますが、中でも消費者と事業者との間で行われる消費者契約に強い関心を持っています。
そこで行われる不当な勧誘や、不適切な契約を是正するための法解釈を研究し、その結果を教育・啓発していきたいという想いでいます。

震災当時は、私は秋田の研究室で学生の進路相談に乗っていました。震源地から遠く離れた秋田市内でも大きく長い揺れを感じ、丸一日程度停電にもなりましたし、(みなさまは驚かれるかもしれませんが、)4月に入るまではガソリンスタンドでは給油制限がなされたうえ、長蛇の列ができていました。

震災当日、停電で情報のほとんどない中、ポータブルラジオやワンセグを持っていた同僚から情報をもらいながらも、とても津波や被害の情報が正しいものとは思えず、まだ今回の震災の恐ろしさを実感できずにいたことが思い出されます。

実は親戚にも津波被害にあった者もおり、震災直後は被災県に入る手段のみならず、こちらから連絡を取る手段もなく、本当に歯がゆい思いをしました。

でも、地震後1週間もしないうちに、防災用として不要な買い物(長期保存食やミネラルウォーター、乾電池等を大量に購入)をしている周りの様子を直に目の当たりにした際はもっと心苦しかったです。
被災地では支援物資を必要としている最中なのに・・・
そんな人たちだって、停電時には並んで必要なものだけ商品を購入していただろうに・・・
そんなことを思っていました。

果たしてそこでは、自分さえよければ良いのだというように心境の変化があったのでしょうか?

単に自分勝手な人もいたでしょうが、きっと未曽有の被害を見聞きして焦り、自らがどう行動すればよいのかわからずに行動してしまっただけという人もいたのでしょう。
 そのように思うのは、震災後しばらくして、地元の新聞の投書欄にて「保存食品や、乾電池をつい購入してしまったが、あとで自分の行動が恥ずかしくなり、支援物資として送りました。」という記事を目にしたからです。

すこし、研究のことと絡めて書かせていただくと、昨年(平成24(2012)年)12月に「消費者教育推進基本法」という法律が制定され、先の6月28日にその実効性を確保するための「消費者教育の推進に関する基本的な方針」が閣議決定されました。

上記「推進基本法」と「基本方針」では、消費者が自立し、各々が社会への影響者であることを自覚して、公正かつ持続可能な社会の形成に積極的に関与していく「消費者市民社会」を形成することを目的とする、とされています。

その「教育内容」は多岐にわたりますが、「基本方針」には災害時の行動についても記載されています。そこでは、根拠が不確かな情報に惑わされないような人材育成が必要であること、災害時などにこそ国や事業者ができるだけ正確な情報を出し、消費者は、そこから得られる情報を批判的に吟味しつつ行動し、そういった行動が被災者を支えることにつながると認識できるような教育をすることなどが述べられています。

また、「基本方針」では消費者教育の担い手に大学も挙げられています(他には小中学校、高校、消費者団体やNPOなど地域団体、国や地方公共団体などがあります)。
そうしたことから、私自身は、法教育といった観点から消費者教育へ光を当てていくことが自分に求められているのではないかと考えています。

法の考え方として、民法分野では、権利主張も行き過ぎであれば、信義則違反や権利の濫用になるというルールがあります。つまり、権利を持っていたとしても法的には常にそれが認められるわけではなく、権利の行使にも一定の配慮と寛容さとが求められるということです。また、契約というのは、ひとりでは決して成り立たず、二人以上の人の「合意」で成り立ちます。どの点に合意が認められるのかを探るのも法学の役割の一つなのです。

こうした法学を通して、消費者には無用な被害にあわないように自立して自らの権利・利益を守る行動を行える人になってほしいですが、その際に、絶妙な配慮・寛容さが備わっているような人材であってくれたならいいなぁ、とも思います。そうした人材育成ができるよう、ここ福島大の教壇に立ち、研究を進めていきたいです。

赤坂憲雄/玄侑宗久/和合亮一新春鼎談 「言葉を信じて ふくしまからの提言」のお知らせ

こんにちは。年末もおひとりさま+仕事で寂しいぴたです。
ぴたは冬が好きです。
寒くて寂しいから。
そんなとき、ちょっと暖かい気持ちになれることがあると、その暖かさを本当に感じることができますね。
ベルリンの冬、一人で1日勉強した後、フィルハーモニーで音楽を聴き、暖かい心で、寒いなか白い息をはきながら、家まで歩いて帰る時間…懐かしいです。

そんなことを考えながら、ぴたは今、震災と放射能被害にさらされ続けているこの福島でやれること、やるべきことを考えながら、毎日過ごしています。
僕が今、ここでやれること、やるべきこととは…

休暇をとって大学の仕事をさぼり、レジ打ちすることです(笑)。毎日バリバリ営業活動しています!今日一番の仕事は、24時間営業の格安店で、レジ袋を買うことでした(笑)。
大学をさぼってやっていること、詳しくは年末までにご報告しますね!

いやいや、僕のことはいいんです。
今日は大事なお知らせを。
行政政策学類では、年明け1月14日(月・祝)にイベントを開催します。
今回はすごいですよ~。

赤坂憲雄/玄侑宗久/和合亮一
新春鼎談「言葉を信じて ふくしまからの提言」

民俗学者で福島県立博物館長の赤坂さん、三春町にある臨済宗「福聚寺」の玄侑宗久住職、それに詩人の和合さんによる自由な鼎談です。

言葉にはどこまでの力があるのか、いま必要とされる言葉は何か…

期待が高まりますね。

会場は、あぶくま地域の「かーちゃん」たちが、福島駅東口近くに新たにひらいた産直カフェ「かーちゃんふるさと農園わぃわぃ」2階です。
鼎談に合わせて、ぜひお店ものぞいていただければうれしいです(店については近くブログ記事を書きますね!)

この鼎談は、福島大学行政政策学類と、ふくしまキッチンガーデン運営協議会の主催で、福島県立博物館と福島民報社が共催です。当日の様子は、福島民報に詳しく掲載していただくことになっています。

今回は申し込み方式ですので、ご確認のうえ、ぜひお越しください!

************

ふくしまキッチンガーデン(FKG)2階オルタナティブスペース整備計画
第2回フォーラム

赤坂憲雄/玄侑宗久/和合亮一
新春鼎談「言葉を信じて ふくしまからの提言」

teidan.jpg

開催日時:2013年1月14日(月・祝) 15:00~17:00
場所:ふくしまキッチンガーデン2階「ゆいの庭」
   福島市栄町10-3(かーちゃんふるさと農園「わぃわぃ」2階、旧博向堂ビル)
定員:80名
参加費:無料、ただし、当日会場で資料代として500円をいただきます。
申し込み方法:以下の方法でお申し込みください。

≪申し込み方法≫
・往復はがきにより、下記までお申し込みください。

  往信はがきの送り先
  〒960-1296
   福島県福島市金谷川1 福島大学行政政策学類705研究室
   「FKGフォーラム実行委員会」宛

・往復はがきは1月4日(金)必着です。

・往信はがき(裏)には、(1)お名前(フリガナ)(2)ご住所(4)参加ご希望人数(最大4名)、返信はがき(表)には、お申し込みされる方のご住所、お名前をご記入ください。
※ご記入いただいた情報は、本会を実施するために必要な連絡に使用すると同時に、参加者名簿(記録用・当日運営用)作成や今後の各種情報提供に使用させていただきます。

主催:福島大学行政政策学類
ふくしまキッチンガーデン運営協議会
共催:福島県立博物館・福島民報社

(連絡先)
FKGフォーラム実行委員会
福島県福島市金谷川1福島大学行政政策学類705研究室
電話・ファックス)024-548-8026
メール)a027@ipc.fukushima-u.ac.jp

連続公開講座「ジャーナリストが見た東日本大震災」(全6回)のおしらせ

昼の震災対策室より、大変お久しぶりの登場です。しみず@ブログ庶務担当です。
現在、大学はテスト期間に入っており、学生のみなさんはテスト勉強、教員はテスト作成と採点に追われています。そういう状況で、またもブログの更新が…(見苦しい言い訳)。僕も、あたためているネタがあるのですが、ブログに掲載できる文章にするのに手間取っています(汗)。

さて、そんなところに、大学院東京サテライト担当の今井さんから、「連続公開講座のお知らせ」が舞い込んで来ました。「ジャーナリストが見た東日本大震災」という題目で、日本を代表するトップ・ジャーナリストの方々が、「東日本大震災」について多面的な角度から講義を展開してくださるそうです。

今日から申し込み開始とのことですので、ご興味のある方は奮ってお申し込みください。

では、今井さん、よろしくお願いします!

*******

立教大学に開設した福島大学大学院地域政策科学研究科「東京サテライト@立教」では、10月から来年1月にかけて、連続公開講座「ジャーナリストが見た東日本大震災」を開催します。

詳しくはこちらをご覧ください(PDFファイル)。

なお東京サテライト@立教についてはこちらをご覧ください(行政政策学類ホームページ)。

震災・放射能対応もやっています!今度は、「内部被曝を考える」シンポジウム

夜室長です。ブログをこまめに更新するとの決意もどこへやら、約1カ月ぶりの登場になってしまいました。すみません。「おや」に苦笑されてしまいましたが、書きたいことはたくさんあるのに、手が回らない(首が回らない?)毎日です。

さて、今日の話題は、学類の震災・放射能対応についてです。ブログでもお伝えしているように、大震災から2年目を迎え、福島ではさまざまな復旧・復興の取組みが展開されています。もちろん復旧・復興の取組みは重要ですが、地震や自然災害がいつまた襲ってくるか分かりませんし、福島第一原発事故はとうてい「収束」とは言えない状況にあります。したがって、復旧・復興支援と並んで、また、復旧・復興支援の前提として、震災・放射能対応にきちんと取り組んでいく必要があります。

今年度の委員会再編によって、「震災対策・復興支援室・リスク管理チーム」はなくなり、ぴたも夜室長も2階のミーティングルームからそれぞれの研究室に戻りましたが、放射線被曝が長期化する中で、学生や教職員がこの問題とどのように向き合うか、ますます重要な課題になっていると考えています。

4月19日には、学類の学生生活委員会が主催して、新入生全員を対象にした「地震・放射能対応ガイダンス」を開催しました。ガイダンスでは、学生生活委員の清水さん、佐々木さん、岩崎さんが、「3.11東日本大震災から学ぶこと」「地震への対応」「放射能への対応」「情報の伝達」「緊急時学生連絡カード」について、分かりやすく説明してくれました。そこでは、低線量の放射線の影響をどのように考えるかは人それぞれで、どれが正しいとは一概には言えず、それぞれの考え方を尊重するとともに、自分で調べて自分で行動することが大切である、ということが強調されていました。

本当にそのとおりですね。夜室長は、教養演習のゼミ生20人に、1週間、積算線量計で自分の被曝線量と、屋内・屋外の空間線量を計測して、汚染や被曝の実態を知るという作業をしてもらいました。その結果については、またご報告したいと思いますが、参考までに夜室長の1週間(4月12日~19日)の被曝線量は22マイクロシーベルトでした↓。

schedule.jpg

ちょうど授業が始まったばかりで、授業準備に追われていたので、ほとんど研究室に引き籠り状態でした(なんか生活の一部を見られたようで恥ずかしいですね)。

また、ぴたとは、昨年来、「大学の放射線教育」について新たなプロジェクトを立ち上げようと話し合ってきました。学生と教職員に加えて、保護者の方もまじえて、講師の方を読んだり懇談会を開催しながら、福島大学の学生・教職員にとってやるべきこと、考えるべきことを1年かけてまとめよう、という趣旨です。

そんな矢先、今年2月に、「地域貢献活動の一環として,放射線と被ばくの問題について研究し,副読本などの媒体を通じて情報発信することを目的として」、福島大学の教員有志により「福島大学放射能副読本研究会」が結成されました。3月25日に副読本が公開され、週刊金曜日に紹介されるなど、大きな話題を呼んでいます(副読本は現在改定中ですが、初版は→こちら)。

副読本のサブタイトルである「減思力(げんしりょく)を防ぎ,判断力・批判力を育はぐくむために」は、私たちの願いと一緒です。そこで、来週23日(水曜日)に開催される、同研究会主催のシンポジウム「内部被曝を考える」に、夜室長も参加することにしました(本当は、ぴたを送り込みたかったのですが、うまくかわされてしまいました)。

第一部は、パネルディスカッション「内部被曝を考える」(13時~15時)で、パネリストには、最近、岩波ブックレット『内部被曝』を出版された、矢ケ崎克馬さん(琉球大学名誉教授)と守田敏也さん(ジャーナリスト)をお迎えします。福島大学からは、副読本研究会の中心メンバーである後藤忍さん(共生システム理工学類)と塩谷が加わります。
第二部は、討論会「福島大学における学生生活環境を考える」(15時15分~16時45分)で、学生や保護者の方をまじえて、被曝の問題について考えていきます↓。

symposium.jpg

場所は福島大学L-4教室です。入場無料・事前申し込みは不要ですので、どしどしご参加ください。